野球・ソフト大会開幕 福祉施設児童ら23チームが熱戦

野球・ソフト大会開幕 福祉施設児童ら23チームが熱戦

 神奈川県内の児童福祉施設で生活している児童・生徒の第57回野球・第54回ソフトボール大会が7日、横浜市保土ケ谷区のサーティーフォー保土ケ谷球場で開幕した。 野球13チーム、ソフト10チームが参加、9日まで熱戦を繰り広げる。県児童福祉文化体育協会主催、神奈川新聞厚生文化事業団など後援。 開会式では選手約370人が入場行進し、同野球大会の鈴木寛運営委員長が「9人の仲間と行動を共にすることはなかなかありません。自分には8人(チーム)の仲間がいること、一つの目的の中でスポーツしていることを確認してください」とあいさつ。野球・聖母愛児園、ソフト・日本水上学園の代表がそろって選手宣誓を行った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索