救助したら同級生 松田署、男性に感謝状

救助したら同級生 松田署、男性に感謝状

 踏切内で酔って寝転んでいた男性(65)を助け出したとして、松田署は7日、松田町神山に住むタクシー運転手渋谷信雄さん(65)に感謝状を贈った。救助した男性は偶然にも小中学校の同級生。渋谷さんは「驚いたが助けられて良かった」と笑顔を浮かべた。 同署によると、7月29日夜、渋谷さんがタクシーで同町松田惣領にある小田急線の踏切手前で停車すると、遮断機が降りた踏切内に男性があお向けに倒れているのを見つけた。 慌てて渋谷さんはタクシーを降りて踏切内へ。「危ないから早く立てよ」と声を掛けると、酒の臭いがしたという。「50センチ先に車輪が見えた」が、男性の胴体に腕を回して踏切の外に引っ張り出した。 男性とは、顔を合わせばあいさつを交わす間柄。後日、男性から「命の恩人」と感謝の電話がかかってきたという。渋谷さんは「子どもの頃から一緒に遊んだ仲。『助けなきゃ』という思いで必死だった」と胸をなで下ろしていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索