パトカーに追跡された後に事故、酒気帯び運転の容疑者逮捕 都筑署

パトカーに追跡された後に事故、酒気帯び運転の容疑者逮捕 都筑署

 都筑署は11日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、横浜市港北区綱島上町、自称会社員の容疑者(33)を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は、10日午後10時15分ごろ、同市都筑区東山田町の県道で、酒を飲んで乗用車を運転し、信号待ちをしていた3台の乗用車に追突。会社員の男性(27)と派遣社員の女性(31)の顔や首に軽傷を負わせた、としている。 同署によると、パトロール中の署員が赤信号を無視した同容疑者の車を目撃。約3キロにわたってパトカーで追跡したが見失い、直後に約700メートル先で事故が起きたという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索