聞こえますか、九さん 母校の児童合唱で追悼

聞こえますか、九さん 母校の児童合唱で追悼

 天国の九さんに届け−。32年前の日航ジャンボ機墜落事故で亡くなった川崎市出身の歌手坂本九さん=当時(43)=を追悼するコンサート(川崎区主催)が12日、JR川崎駅東口の川崎ルフロンで開かれた。母校の市立川崎小学校(同区)の児童がヒット曲6曲を披露し、大先輩の33回忌を弔った。 九さんの命日に合わせて2005年から開かれており、同小4〜6年生42人が出演。市消防音楽隊の演奏とともに、子どもたちは、「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」「涙くんさよなら」などを踊りながら合唱。多くの買い物客らが足を止めて聴いていた。 同小6年の男児(11)は「九さんが天国で気持ちよく過ごせるようにと練習した」と話し、児童らは6月から取り組み、夏休み中も10日間練習を重ねてきた。「ダンスも楽しく気持ちが明るくなる曲『明日があるさ』が好き」という6年の女児(11)は「一人でも多くの人に聴いてもらいたい」と夢中で歌っていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索