男性警視、同僚女性にセクハラ 神奈川県警

 同僚の女性職員にセクハラしたとして、神奈川県警が警察署に勤務していた男性警視を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分としていたことが13日、県警関係者への取材で分かった。処分は8月9日付。男性警視は現在、県警本部所属の部署に異動している。県警関係者によると、男性警視は勤務時間外の6月30日夜、県内の飲食店で同僚の女性職員と2人で酒を飲んだ際に、服の上から女性の体を触ったり、相手を不快にさせる発言をしたりした。事情を知った署員が署幹部に相談し、発覚した。 県警監察官室は、処分を公表しない理由について「懲戒処分の発表の指針に従った」と説明。指針は私的な行為での処分は停職以上を公表対象としている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索