小魚500匹超死ぬ 相模原・境川

 12日午後4時40分ごろ、神奈川県相模原市中央区上矢部5丁目の境川常矢(ときや)橋付近で、多数の小魚が死んでいるのを近くの男性が見つけ同市に通報した。 市職員が同日夕方と翌13日朝に確認したところ、上流の中村橋(同区宮下本町1丁目)から下流の共和橋(同区淵野辺本町1丁目)まで約2・6キロの範囲で、体長約10センチ未満のオイカワやモツゴなどの魚が500匹以上、川底に沈むなどして死んでいるのを確認した。 市が両日、付近の水質を簡易検査したがPH値に異常はなく、毒物のシアンも検出されなかった。市は死んだ魚を見つけた場合、触らないよう市民に呼び掛けている。隣接する東京都町田市、県津久井治水センターと連携して死んだ魚を回収。当面の間パトロールするという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索