逗子ストーカー殺人、夫の思い 住所漏えい15日判決

逗子ストーカー殺人、夫の思い 住所漏えい15日判決

 神奈川県逗子市で2012年に起きたストーカー殺人事件で、刺殺された女性=当時(33)=の住所を当時の市職員が加害者側に漏らしたのは守秘義務違反でプライバシー侵害に当たるとして、女性の夫(47)が市に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、横浜地裁横須賀支部で言い渡される。市側は自らの過失を認めており、賠償額が争点。ストーカー被害者にとって個人情報の流出は命に関わる危険性があるだけに、司法が行政の管理責任をどう判断するのか注目される。 訴えによると、12年11月、調査会社の男が女性の夫を装って市納税課に電話した際、対応した市職員は本人確認をせず、住民基本台帳の閲覧制限の有無を確認しないまま住所を伝えた。女性は市から情報が漏れた翌日、調査会社の男の情報を基に自宅を訪ねてきた元交際相手の男に刺殺された。 訴訟で夫側は、市の対応は地方公務員法の守秘義務違反に当たり、妻のプライバシー権を著しく侵害したと主張。妻が殺害されたという結果の重大性も加味し、情報漏えいの訴訟では高額とも言える1100万円の賠償を請求した。 一方、市側はこうした事実経過と個人情報を流出させた過失自体はおおむね認めつつも、情報漏えい行為と女性殺害の直接的な因果関係は否定。請求された賠償額は高すぎるとして争う姿勢を示した。 訴訟では和解協議も開かれ、市側が再発防止策などを盛り込んだ和解案を2度にわたって提示。 夫側は「内容が不十分」などとしていずれも拒否し、和解金額を提示する段階に至らないまま昨年10月に決裂した。 ◆逗子ストーカー殺人事件 2012年11月6日、逗子市のアパートで、セミナーコーディネーターの女性=当時(33)=が、元交際相手の男=同(40)=に刺殺され、男もその場で自殺した。男は事件前に大量のメールを送信していたが、当時のストーカー規制法では執拗(しつよう)なメール送信は「つきまとい」に当たらないとして摘発されず、事件をきっかけに法改正された。夫「全国に警鐘を」 〈おもしろいと思った人とつながる〉〈いつか本を書く〉〈子ども−できれば2人〉…。見覚えのある丸っぽい字があふれ、未来に胸躍らせる妻の姿がそこにあった。 事件後、部屋を整理していた時に偶然見つけた1冊のノート。表紙をめくった最初のページには「私の夢」というタイトルとともに、10年後の自分を思い描いた人生設計のメモが残されていた。 「これからやりたいことがたくさんあったのに。もっと力になれたらよかった」。女性の夫は独りごちるようにつぶやいた。 その未来を断ち切った事件。守ってあげられなかった悔しさは今も消えない。だが、「仏壇の前で泣き続けるのを、妻はきっと望んでいない」。そう確信できるからこそ、残された人生を前向きに生きようと決めた。 「ストーカー被害者にとって個人情報は命に関わる重要なもの。同じ悲劇を繰り返さないために、判決で全国の行政に警鐘を鳴らしたい」。提訴した理由であり、遺族としての切なる願いだ。 請求額が破格であることは分かっているが、「遺族の気持ちとして譲れない最低額」。賠償金が支払われれば、その一部をストーカー問題に取り組む団体などへの支援に充てるつもりだ。 提訴から1年3カ月。望むような判決が出るかどうかは分からない。「命を守るために閲覧制限を掛けていた情報が漏れたことを、司法がどう判断するか。妻に代わって、残された僕が見届けたい」

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神奈川新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索