お菓子を通して地元の名産品を広く知ってもらおうと、カルビー(東京都千代田区)は川崎のソウルフードとして親しまれている「ニュータンタンメン」にちなんだポテトチップスを考案し、11日に川崎市麻生区で開かれたサッカーJ1川崎フロンターレのイベントでお披露目した。

 同社によると、これまでシューマイ味、横浜とんこつしょうゆラーメン味と神奈川ゆかりのグルメを使ったチップスを期間限定で販売。3年目となる今回は「元祖ニュータンタンメン本舗」(川崎市川崎区)、フロンターレ、市と協力し、インターネットの意見も参考にパッケージや味を選定した。ニンニクの香りとほどよい辛さが特徴で、同社担当者は「ニュータンタンメンを知ってもらうきっかけになれば」と話した。

 2月17日から神奈川、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、山梨の1都7県で発売される。