中国湖北省武漢市で新型ウイルス性肺炎の感染者が相次いでいる問題で、厚生労働省は16日、武漢市に滞在歴がある神奈川県内に住む30代男性の感染を確認したと明らかにした。国内で患者が確認されたのは初めて。二次感染が疑われるケースはなく、厚労省は「感染拡大の可能性は低い」としている。

 厚労省によると、男性は武漢市に滞在中の今月3日に発熱の症状が出た。帰国した6日に県内の医療機関を受診し、熱が下がらないことから10日に県内の別の病院に入院。国立感染症研究所が検査したところ、15日に新型コロナウイルスの陽性反応が出た。同日に退院し、現在は自宅療養している。発熱はないが軽いせきの症状があるという。

 武漢市では41人がウイルス性肺炎と診断され、うち1人が死亡している。男性は肺炎患者が相次いでいる武漢の海鮮市場に立ち寄っていないが、現地で肺炎の症状が出ている人と一緒に生活するなどしたという。

 政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。男性に外出を控えるよう要請するとともに、同居家族や県内2カ所の医療機関従事者ら接触者について、県の保健所を通じて調査を進めている。国や県は男性の居住市町村や接触者数は明らかにしていない。

 菅義偉官房長官(衆院2区)は会見で「現時点で持続的な人から人への感染は確認されていない」と説明。国民への情報提供と検疫の着実な実施などに万全の体制で臨む意向を示した。

 厚労省は「通常の生活をしている人が感染するリスクは極めて低いと現時点では考えている。一般的な感染症対策をしっかりやってほしい」とし、県も「過剰に心配する必要はない」としている。

 県は公式ウェブサイト上で感染拡大防止に向けて注意喚起を促すページを開設し、手洗いやマスク着用など感染症対策の徹底を呼び掛けている。