新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が船内で拡大しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を励まそうと、横浜港の観光船やレストラン船の計3隻が14日、横断幕を掲げて周航を始めた。

 横断幕は日本語と英語の2種類。「横浜港は皆様を応援しています!」「Yokohama Stand by You!」と記されている。山下公園(横浜市中区)を主に発着する観光船「マリーンシャトル」「マリーンルージュ」と、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(同区)を拠点に運航するレストラン船「ロイヤルウイング」に掲げられた。

 横浜港振興協会(同区)が提唱。観光船を運航するポートサービス常務取締役観光事業部長の井上茂さんは「不自由な生活を余儀なくされている乗客や乗員に励ましの思いが伝われば」と話している。