カナダのオリンピック委員会とパラリンピック委員会は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に今夏の東京五輪・パラリンピックに選手を派遣しないと発表した。

 カナダのボート代表チームが事前キャンプを予定している相模原市の本村賢太郎市長は23日の会見で、「カナダチームが来ないことになれば残念だ」とした上で、「大会が延期になったとしても、市内で事前キャンプをしてもらえるよう活動を続けていく」と述べた。

 カナダの両委員会は「選手の安全や健康、国際社会よりも大事なものはない。選手の健康だけではなく、公衆衛生の問題だ」との声明を発表し、国際オリンピック委員会(IOC)や国際パラリンピック委員会(IPC)などに対し、1年間の開催延期を求めた。