新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、黒岩祐治・神奈川県知事は24日、東京都の小池百合子知事がロックダウン(都市封鎖)に言及したことについて、「海外では行われており、理解はできる」と説明。その上で「東京都単独の首都封鎖はあり得ない。都と連携しながら同じ問題意識を持って立ち向かうことが必要だ」と述べた。

 小池知事は23日の会見で大規模イベントの自粛継続などについて都内での危機感を訴え、「感染の爆発的な増加を抑え、ロックダウンを避けるために不便をお掛けするが、ご協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

 これに対し、黒岩知事は24日の県対策会議で小池氏の発言に触れ、都側から連絡や相談がないことを確認。会議後、記者団の取材に「東京と横浜は互いの行き来がものすごく激しい。現在は封鎖するような状況ではないと思うが、オーバーシュート(爆発的な感染拡大)があった場合、あらゆるシナリオの中で都と県が一体となって考えるべきだ」と強調した。