横浜地方気象台は29日、県内は30日午後から7月1日にかけて、大雨になる恐れがあるとの気象情報を発表した。雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨の降る所があるとして、注意を呼び掛けている。

 気象台によると、30日は梅雨前線が伊豆諸島から関東甲信地方を北上する見込み。警報級の大雨になる可能性があり、28日の大雨で地盤の緩んでいる所では土砂災害の恐れがあるという。

 海上を中心に風も強まるため、高波にも警戒を促している。