新型コロナウイルス感染症を巡り、川崎市は29日、麻生区に住む飲食店従業員の20代男性の感染が新たに確認された、と発表した。中等症で、感染経路は不明という。市発表の感染者は累計で290人になった。

 市によると、男性は26日に発熱、せきなどの症状があったが、27日朝に市内の飲食店に出勤。症状が悪化したため、そのまま市内の医療機関を受診し、28日に陽性と判明した。男性は調理場で働いており、接客していない。