神奈川県サッカー協会は29日、第100回天皇杯全日本選手権・神奈川県代表決定戦の大会方式を変更すると発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大による大会日程の縮小に伴い、準決勝に進出する4チームを抽選で選出していたが、本大会の大会方式が見直されたことを受け、大学・社会人の8チームによるトーナメント制で争うことになった。

 県代表決定戦は7月12日に開幕し、決勝は8月23日に保土ケ谷公園サッカー場で行われる。