神奈川県警高津署は1日、傷害の疑いで、川崎市高津区下作延7丁目、自称派遣社員の男(24)を逮捕した。

 逮捕容疑は、3月9日午後1時45分ごろ、同区溝口2丁目の路上で、都内に住む男性会社員(36)を突き飛ばし、左腕を骨折させた、としている。署によると、現場近くの階段ですれ違う際、2人の肩がぶつかったといい、同容疑者は「相手が階段を逆走してきた。正義感からやってしまった」と供述、容疑を認めている。

 署によると、ぶつかった後、同容疑者が男性を追い掛け、背後から手で押し倒した。付近の防犯カメラの映像などから同容疑者が浮上した。