20歳以降の体重変化は危険?ある種の病気のリスクを高める

20歳以降の体重変化は危険?ある種の病気のリスクを高める

極端に太ったりやせたりは…

「いま太ってないから大丈夫」ではなく、20歳のころと比べて激しい体重の増減を経験することが、ある種の病気のリスクを高めることがわかってきました。体重の変化をプラス・マイナス5kg以下に抑えることが大切になるようです。

◆20歳以降に10kg以上太ると糖尿病になりやすくなるといわれていますが、東京大学の報告から実際にどれくらい発症リスクが上がるのかがわかってきました。36〜55歳の男女1万3700人を5年追跡調査して分析された結果です。

◆それによると、体重の増減が2kg未満にとどまっている群を基準1.0とすると、10kg以上増えた人ではリスクは、3.09倍にもなるそうです。6〜10kgでも2.3倍の高い値で、2〜6㎏は1.26倍です。しかもBMI値20〜24で「肥満」の分類に入らない人でも、体重変動が大きければ発症リスクは高いことがわかりました。

◆さらに注目したいのは、体重増加だけが生活習慣病のリスク要因になるわけではなく、体重の減少についてもリスクがあるということが別の研究からわかってきています。体重の減少が、虚血性心疾患や脳卒中の死亡リスクを上げるというのです。

◆東北大学が行った約5万5000人(40〜79歳)の13年間の追跡調査(大崎国保コホート研究)では、20歳時の体重と調査当初の体重差が、(1)マイナス10kg以上減少、(2)5〜10kg減少、(3)変化なし(5kg未満の増減)、(4)5〜10kgの増加、(5)10kg以上の増加の5群に分け死亡リスクを調べたところ、次のような結果を得ました。

▽▼▽死亡リスク など▽▼▽

(監修:虎の門病院 内分泌代謝科医長 宮川めぐみ)

関連記事

おすすめ情報

ケータイ家庭の医学SPの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索