ピロリ菌の除菌がかえって病気を招く!?

ピロリ菌の除菌がかえって病気を招く!?

意外なリスクの可能性が

ピロリ菌は正式にはヘリコバクター・ピロリ菌といい、ピロリ菌感染は消化性潰瘍や胃炎の原因となり、胃がんのハイリスクにもつながることから、感染がわかったら除菌するのがよいとされています。一方で、除菌することで増加につながるといわれる病気もあります。そんなピロリ菌にまつわる消化器疾患について知っておきましょう。

◆ピロリ菌といえば、胃がんの危険因子としてよく知られています。疫学研究によると、ほとんどの胃がん患者の胃粘膜でピロリ菌が確認されています。除菌済みの人も含めると、胃がん患者の99%がピロリ菌に感染しているという報告もあります。また、消化性潰瘍では胃潰瘍の7割、十二指腸潰瘍の9割がピロリ菌によるものといわれています。

◆現在では、人間ドックや胃の不調で受診した際にピロリ菌感染が確認されると、積極的に除菌治療を行うのが当たり前になってきました。消化性潰瘍、慢性胃炎(前がん症状の萎縮性胃炎など)をはじめ、胃のリンパ節にできる胃MALTリンパ腫、胃粘膜びらんの修復過程にできる胃過形成性ポリープ、特発性血小板減少性紫斑病などに対する除菌が保険適用になっていることも、除菌の普及を後押ししています。

◆日本のピロリ菌感染者は高齢者に多く、70歳代以上の感染率は50〜60%と高率です。しかし近年は、衛生環境の向上により、一度もピロリ菌に感染したことのない人が増えていて、感染率は40歳代では20%、20歳代では10%、10歳代では2%という調査結果が出ています。

◆ピロリ菌感染の有無を調べるには「胃内視鏡検査」「血液検査でのピロリ抗体」「尿素呼気テスト」などがありますが、まずは内視鏡検査を行います。感染があるとわかった場合は3種類の薬(胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害剤(PPI)、抗菌薬であるクラリスロマイシンとアモキシシリンを1週間服用してピロリ菌の除菌を行います。

▽▼▽ 次ページでは 逆流性食道炎について など▽▼▽

(監修:医療法人誠医会 宮川病院 内科 宮川めぐみ)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ケータイ家庭の医学SPの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索