ニキビは保険内で治療可能 早めの受診を

ニキビは保険内で治療可能 早めの受診を

早めの治療が痕を残さないカギ

ニキビは青春のシンボルなんて言われますが、できるだけ早くきれいに治したいものです。気になって余計な刺激を与えてしまい、悪化を招きやすいニキビは、「尋常性ざ瘡」というれっきとした皮膚疾患。適切な治療を受け、正しくケアすることが治す近道です。

◆ニキビは症状によって面ぽう、丘疹(きゅうしん)、膿疱(のうほう)の3つの段階に分類されます。
・面ぽう……毛穴が皮脂などで詰まって膨らんだ状態
・丘疹……炎症を起こして赤くぶつっと腫れた状態
・膿疱……丘疹がさらに悪化し膿をもち炎症が周囲に広がった状態

◆皮膚科医でのニキビ治療は、毛穴の詰まりを改善する作用のあるアダパレンや過酸化ベンゾイルなどの外用薬や内服薬、さらに面ぽう圧出といって皮脂を押し出す処置などがあり、ニキビの状態に合わせて組み合わせて治療します。これらの治療は保険内でできる治療です。

◆早い段階で治療を始めれば上記の治療で痕が残ることなく治すことができます。しかし、悪化して皮膚組織の破壊が真皮の深いところまでいくと、皮膚組織の修復がうまくいかない部分ができて、皮膚に凹凸ができるニキビ跡が残りやすくなります。

◆日本皮膚科学会の「尋常性ざ瘡治療ガイドライン2017」によれば、初期にはアダパレン、過酸化ベンゾイル、炎症が生じたらこれらに加え、過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンの混合剤、抗菌薬の内服や外用などを併用します。

▽▼▽ 次ページでは 保険外治療について など▽▼▽

(監修:関東中央病院 皮膚科特別顧問 日野治子)


関連記事

おすすめ情報

ケータイ家庭の医学SPの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る