服薬中の薬をチェック!

治療のために使っている薬が原因で、腎臓に障害が起こることを「薬剤性腎障害」といいます。抗菌薬や鎮痛薬のNSAIDsなども原因薬物になり得るといいます。どんな薬にそのリスクがあるか、どんな場合に腎障害を疑うべきかなどを、説明しましょう。

◆服用した薬は、胃を通過し腸で吸収され、肝臓で分解し、必要な成分は血管を通って患部へ届けられます。最終的には、腎臓を通って主に尿で排泄されますが、一部、便や汗、涙、唾液、呼気中に排泄されるものもあります。

◆高齢になったり病気のために腎機能が低下していると、特定の薬の投与によって腎臓に負担がかかり、新たに腎障害を発生してしまうことがあります。これを「薬剤性腎障害」と呼んでいます。

◆薬剤性腎障害が起こるのは、おもに次の4つの機序とされています。▼薬剤が直接腎機能にダメージを与える「中毒性腎障害」、▼自己免疫やアレルギー反応が関与する「急性間質性腎炎(過敏性腎障害)」、▼薬が原因で電解質異常や腎臓の血流減少が起こり、症状が現れる「間接毒性腎障害」、▼薬によって尿路に結晶や結石ができる「尿路閉塞性腎障害」。

◆たとえば、鎮痛や解熱に使う非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)は、腎臓の血流を減少させ障害を起こすことがあります。また、血液中の電解質異常をきたすリスクもあるなど、複数の機序で腎臓に影響を与えます。腎機能が低下している高齢者などは、とくに注意して使用することが必要です。

▽▼▽ 次ページでは 具体的なリスクについて など▽▼▽

(監修:医療法人誠医会 宮川病院 内科 宮川めぐみ)