子どもの不登校との関連ケースも?

脳と脊髄の周りにある、無色透明の液体、脳脊髄液。なんらかの原因で漏れ出してしまうとめまいや倦怠感など、さまざまな症状が起こります。これを「低髄液圧症候群」といいます。この症候群の別名「脳脊髄液漏出症」の診断基準が確定したのは2014(平成26)年。あまり知られていない病気なので、原因不明の頭痛やめまいが、この病気である可能性もあるかもしれません。どんな症状、そして治療法があるのでしょうか。

◆脳脊髄液(髄液)は、脳と脊髄をすっぽり包んでいるクモ膜の下のクモ膜下腔を流れています。脳の周りに約65ml、脊髄に約75ml、全量で130〜140mlが脳室でつくられています。1日の産生量は約500mlなので、1日に3〜4回入れ替わっていることになり、最終的には静脈や毛細血管などに吸収されます。外からのショックをやわらげて脳や脊髄を守る、栄養を補給する、代謝産物を排出する、などがその役割です。

◆脳脊髄液が何らかの原因でクモ膜下腔の外側の硬膜から漏れ出してしまうのが「低髄液圧症候群」です。「脳脊髄液漏出症」「脳脊髄液減少症」とも呼ばれ、おおよそ同じような病態を示します。髄液が漏れ出て量や圧が低下することで、脳の位置も変わり、さまざまな症状があらわれます。

◆原因として多いのが、交通事故やスポーツでの事故、転倒・転落、暴力などの外的な力によるもので、とくにむち打ち症との関連が強いと考えられています。そのほか、脊椎手術、腰椎穿刺(ようついせんし)などの医療行為によるもの、出産などが要因となります。「慢性疲労症候群」や「線維筋痛症」との関連も指摘されています。

▽▼▽ 次ページでは 主な症状や治療方法について など▽▼▽

(監修:寺本神経内科クリニック院長 寺本純)