今月26日の文化財防火デーを前に、北九州市では国の重要文化財に指定されている旧松本家住宅で防災訓練が行われました。

★訓練ノイズ「地震発生です!テーブルの下に逃げてください」訓練には、地域の保育園児も参加し、地震の揺れや落下物から身を守る姿勢を取りました。

◆ノイズ「火災発生」また、地震に伴い、厨房から出火したという想定で、従業員が屋外の消火栓を使って放水をしたりはしご車での救出などが行われました。

去年は、世界的な文化遺産であるフランスのノートルダム大聖堂や沖縄県の首里城で火災が発生していて、訓練を主催した戸畑消防署は「毎年の訓練で連携を高め、地域で文化財を守っていきたい」としています。