小倉南区役所に勤務する男性職員の新型コロナウイルス感染確認を受け、北九州市は24日から区役所を閉鎖して消毒を行っています。

北九州市によりますと23日、PCR検査で陽性が判明したのは小倉南区役所・国保年金課に勤務する40代男性です。

今月17日、のどの痛みや咳の症状が出た状態で出勤し、窓口業務は行わなかったものの、マスクをせずに勤務していたということです。

小倉南区役所は24日一日閉鎖され、市民からの電話相談のみが受け付けられます。市民サービスは、一部を除き区内3か所の出張所で受けられるということです。

また北九州市では、市立小・中学校などで校内放送を使っての修了式が行われました。実施を見送る自治体も多いなか、春休みに入る節目として休み期間中のすごし方の指導も行われました。