劇団四季があの劇場から撤退するかもしれません。

29日、劇団四季は再来年5月末でキャナルシティ劇場との専用契約を終了すると発表しました。

劇場を所有する福岡地所から「契約延長が難しい」との意向があったとしていますが、詳しい理由は不明です。

キャナルシティ劇場は福岡シティ劇場を前身に、九州唯一の劇団四季の拠点として1996年に開館。専用契約は2010年に一旦終了しますが、2017年、再び専用劇場として契約し再来年5月までの延長が決まっていました。

劇団四季は「新たな方法を検討し、福岡・九州で引き続き活動したい」としています。