代表戦期間で磨きをかけたいフライブルク

IMG_4573
今回の代表戦期間では、ドイツU21代表からマキシミリアン・フィリップ、ヤニク・ヘベラーに加え、マーク=オリヴァー・ケンプも召集を受けたフライブルク。

さらにA代表ではアミル・アブラシ(アルバニア)とチャグラル・ソユンチュ(トルコ)も、それぞれワールドカップ予選に向けて代表チームと合流した。

その間にクリスチャン・シュトライヒ監督は、特に先日のアウグスブルク戦で露呈した課題の改善など、残された選手たちとともにチームに磨きをかけていくことになる。

クリスチャン・ギュンターは「規律が失われていたし、考えがおぼつかなくなっていた」と反省。それでも「これからも前のめりで取り組んでいく」と意気込みを見せており、これから三日間に渡って集中的な練習を行なって、3日間の休養に入ることについては「いいことだ」と喜びも見せた。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索