騒動の中、中国へ移籍したモデスト「ケルンは大切な場所」


移籍騒動の終焉では、ファンからの苛立ちが増していく格好となり、決していい形でケルンを後にすることができなかったアンソニー・モデスト。だが同選手は改めて、ケルンのファンに対して明るいメッセージを送った。

上海戦では試合を観戦していた29歳は、「僕の周りでは、随分とヒートアップしていた人たちがいた。だから僕はここで改めて、移籍にあたりみなさんにメッセージを伝えたいと思う」とコメント。

「誰がどこで何を話そうが、それは僕には関係のないことだ。ミスや理解の相違は誰しもあるもの。ケルンでの時間は僕にとっても家族にとっても特別なものだったし、それは僕のキャリアでも言えることだ。もしもそうじゃないようにいう人がいるなら、それはどうしようもないことだし、仕方のないことだと思うしかない、たとえそれがどんなに辛いことであろうともね。ケルンではたくさんのことを学んだし、感謝しているよ。それに欧州の舞台への復帰に貢献できたことは誇りだ」と言葉を続けている。

さらに「子供の病気を考慮して、中国には僕だけがいくんだ」とも明かし、「家族はフランスではなく、ここケルンに残る。この街を気にっているんだ」と、ケルンを大切に思う気持ちを強調した。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索