ハノーファーの若手MFサレンレン・バゼーがしばらく離脱


ハノーファーはしばらくの間、ノア・ジョエル・サレンレン・バゼーを欠いてのぞむことがあきらかとなった。もともと筋肉に問題を抱えていた20歳のMFだったのだが、復調をはたしてテストマッチへ出場。

「しかし再び筋肉を痛めてしまった」と試合後にブライテンライター監督が語ったように、わずか20分で交代を余儀なくされていた。そしてその後に受けた検査の結果、同選手は左大腿裏の腱を断裂していることが判明。

クラブによれば、手術は受けずに保存療法にて回復をはかっていくとのこと。2週間半後に21歳の誕生日を迎えるサレンレン・バゼーは、2013年にハノーファーに加入し、昨季はブンデス2部13試合に出場、1得点5アシストをマークしていた。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索