ホッフェンハイム、主将にポランスキを引き続き指名


オイゲン・ポランスキが引き続き、ホッフェンハイムのキャプテンを務めることが明らかとなった。31歳のポーランド人MFは昨季もキャプテンを務めていたものの、リーグ戦での出場はわずか14試合のみに留まっていた。

そのためプレーしていないときには代役として、ドイツ代表セバスチャン・ルディが務めていたものの、今夏に移籍金なしでバイエルンへと向かったことから、今季はケヴィン・フォクトがその役を担うことになる。

そのほかの選手評議会のメンバーはオリヴァー・バウマン、ベンヤミン・ヒュブナー、サンドロ・ワグナー、そしてエルミン・ビチャクチッチ。ポランスキは今回の決断について「大きな信頼を感じる」と述べ、その期待にこたえたいと意欲的な姿勢をみせた。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索