シャルケが第3GKを獲得


ラルフ・フェアマン、アレクサンダー・ニューベルに続く第3GKを模索していたシャルケ04だが、金曜日にミヒャエル・ランガー獲得を発表。当初は若手選手の補強を考えていたようだが、最終的には32歳のオーストリア人GKを迎え入れている。

kickerに対して、マネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は「出場機会が巡ってこなくてもそれを受け入れられること、そして突然の起用にも耐えられることを考慮してベテラン選手を選択した」と説明。

シュトゥットガルトにてブンデス1部1試合に出場した経験をもつランガーは、これまでブンデス2部ではフライブルク、FSVフランクフルト、ザントハウゼンにて22試合に出場。その後はノルウェー、米国を渡り、昨季はスウェーデン1部IFKノルシェーピンにてプレーしており、今回はシャルケと2年契約を結んだ。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索