シュトゥットガルト、バイエルンからレシュケTDを招聘


既報通りシュトゥットガルトは、昨日に解任が発表されたヤン・シンデルマイザー代表の後任として、バイエルン・ミュンヘンでテクニカル・ディレクターを務めるミヒャエル・レシュケ氏を招聘することを発表した。

ヴォルフガング・ディートリヒ相談役会長は「話し合いの当初から意気投合していた」と明かし、「彼のような人物をシュトゥットガルトに迎え入れられることは誇りだ」と喜びを述べている。

レヴァークーゼンでもマネージャーを務めた同氏は、これまでのキャリアからドイツの国内外に広いネットワークを構築しており、今回の就任にあたって同氏は「人生のなかでは、ぜひチャレンジしてみたいと思えるタスクというものがある。それが今回のシュトゥットガルトだったんだ」と説明。

「このクラブはこのエリア一帯の人々にとって大きな意味をもち、またとても若手選手を有したモチベーション溢れるチームだよ」と評価し、前任者のシンデルマイザーとは異なりチームプレイヤーとしても知られる同氏は「私はチームに使えるクラブの一員。みんなでシュトゥットガルトでの仕事に取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索