ホッフェンハイム、守備の要ヒュブナーとの契約を更新


昨夏にインゴルシュタットから加入し、「クラブ史上最高の成績を守備面で大きく支えてくれた」ベンヤミン・ヒュブナーが、契約をさらに3年のこした状態でホッフェンハイムとの契約を更新した。新たな契約期間は2021年まで。

アレクサンダー・ローゼンSDは「チームになれるまでさほど時間を要さずに、先発の座を確保し、そしてチーム内でもステータスを確率した」と28歳のCBについて評価した。

フランクフルトでSDを務めるブルーノ・ヒュブナー氏を父にもつベンヤミンは、昨季はリーグ戦25試合に出場して2得点4アシストをマーク。kicker採点平均では3を切る2.98という好パフォーマンスをみせている。

ユリアン・ナーゲルスマン監督は、「ベニーは素晴らしい成長をここでとげた。左利きの選手で空中戦でも対人戦でも重要な要素となってくれている」選手との延長に喜びをみせた。

一方でヒュブナーは「ここでとtめお居心地よく過ごしているし、ホッフェンハイムへの移籍は素晴らしい決断だった。監督やスタッフとの日々の取り組みは楽しいものだし、首脳陣からの信頼を感じる。ファンからもサポートを受けているし、契約更新は当然の流れといえるさ」との見方を示している。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索