シャルケのファミリーデーにおよそ1万人のファンが集結


昨シーズンはパフォーマンスに精彩を欠いて欧州の舞台への切符を逃したシャルケ04。しかしファンたちの気持ちはすでに切りかわって前を向いているようで、日曜日に行われたファミリーデーにはおよそ1万人がつめかけた。ドメニコ・テデスコ監督は「さらにシーズンに向けて意欲をかきたててくれるね」と喜びをみせている。

なおこの日は今夏加入の4選手、アミーヌ・アリ、バスティアン・オチプカ、パブロ・インスア、そしてミヒャエル・ランガーらに特に注目があつまったが、その一方で移籍を目指しているドニス・アヴディヤイとシドニー・サムは不在。指揮官は「何人かの選手については話し合いを行なっている」ことを明かしている。

そのほかにもシャルケでは、U21欧州選手権優勝メンバーのフェリックス・プラッテやバーナード・テクペティ、ハジ・ライトらのレンタルの可能性もあるが、しかしながらファビアン・レーゼについては「残したいしそうなると思う」とテデスコ監督はコメント、kickerが得た情報によればウィングのオプションとして考えられているようだ。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索