ハノーファー、バーンリー戦で暴動起こしたファンを告発


ハノーファー96は、週末に行われたバーンリー戦で騒動を起こしたファン達を告発する運びとなった。このテストマッチは最後の腕試しの場となるはずだったのだが、しかしそれはわずか45分間で終焉。

前半終了間際に、300人訪れていたハノーファーのファンのうち45人が「制御不可」な状況となり警察が介入し、それでも抑えがきかなかったことから中止する判断を下している。

ビデオではハノーファーのファンが相手のホームのファンの観客席へ侵入していく様が映し出されており、またガーディアンは観客席を取り外して投げつけていたことを伝えた。

これにより器物損壊や警察に負傷者もでており、まだ実行者の特定はなされていないものの、ハノーファーはビデオや写真などを証拠として告発。現地を訪れている、ハノーファーのスタジアムで代表を務めるトルステン・マイアー氏は「断固たる姿勢で臨む」ことを宣言している。

なお11週間前に行われたザントハウゼンとのテストマッチでも、ハノーファーのファンはスタジアムを損壊させる騒ぎを起こしており、そのためその後に行われたトウェンテとのテストマッチでは警察が危険なファンが近づかないよう配慮、しかし10日前のカイセリスポルとのテストマッチでは酷いジェスチャーや言葉が相手ファンに浴びせられていた。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索