今夏のチャンスを活かせていないカルディローラ


なかなかセンターバックの補強が進まないヴェルダー・ブレーメン。逆に今シーズンから復活を期すルカ・カルディローラにとっては、フィリップ・モイサンデルが離脱中ということもあり大きなチャンスが巡って来ているところだ。

しかし週末に控える今季最初の公式戦DFBポカール1回戦にむけた、その前哨戦となるバレンシアとのテストマッチでは、カルディローラは先発から外れただけでなく、後半途中から起用されるも不安定さそ露呈する結果となっている。

そのためヌーリ監督は、この日に採用した3バックをそのまま3部ヴルツブルク戦で起用する可能性があるだろう。サイドバックのロベルト・バウアーが右のCBへと1つスライド、本来ならば右のヴェリコヴィッチだがマネージャーのバウマン氏曰く「両足を使える」ため左へとスライド。指揮官も「うまく機能した」と眼を細めた。

タイプとしてみれば、センターバックを本職とし、左利きのカルディローラの起用も考えられるのだが、しかしバウマン氏は「左右どうこうでなく、あくまで今の状態なんだ。監督には様々なオプションがあるということだよ」との見方を示している。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索