ホッフェンハイムのテラッツィーノがフライブルクに復帰


今季いっぱいでホッフェンハイムとの契約が切れるマルコ・テラッツィーノが、フライブルクへと復帰することが明らかとなった。両クラブの取り決めにより契約に関する詳細は明らかになってはいないが、kickerが得た情報によれば移籍金額は250万ユーロ。

なお2012年から2014年までテラッツィーノはフライブルクに在籍しており、そのときにはブンデス1部8試合に出場して2得点1アシストをマーク。翌年には2部ボーフムへと戦いの舞台を写し、2年間で2部60試合に出場、10得点15アシストという成績をおさめ、昨夏にホッフェンハイム移籍という形でブンデス1部復帰を果たしていた。

しかしながらチームは4位と好調な戦いをみせるなかで、26歳のFWは激しい定位置争いにさらされており、リーグ戦わずか9試合の出場。1得点3アシストという結果に終わっている。

今回の移籍にあたりテラッツィーノじゃ「とても楽しみだ。自分のもつ力を発揮したい」と述べ、「ホッフェンハイムではとても居心地よくすごし、そして昨季はこれからのキャリアのためにとても多くのことを身につけたと思っている。このことに心から感謝しているよ」とコメント。

一方のフライブルクのハルテンバッハSDは「この数年間で、彼はブンデス1部としての確固る地位を固めたと思う。オフェンスでは複数でプレー可能なポリバレントさをもった選手だね」と評価している。

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索