好条件を待つマルコ・ファビアン、移籍先は中東か、それとも中国か


 わずか2年前までは、kickerポジション別ランキングにてバイエルンのティアゴ、ライプツィヒのフォルスベリに次ぐ、3位へ国際ランク入りを果たし選出されていたマルコ・ファビアン。まさにチームにとって欠かすことのできない存在となっていたメキシコ代表MFだったのだが、しかしながらそれ以降は低迷期がつづいている。

 そこで昨夏にも既にフェネルバフチェ移籍成立間近にまで迫っていたのだが、フェルバフチェ側の翻意などにより、現地入りまで果たすも土壇場で不成立という事態に。そのため前半戦ではドルトムント戦での途中出場1試合、ELでは登録からも外れ、構想外の状況が続いているところだ。

 そんなファビアンとの契約は今季いっぱいまでとなっており、今冬に移籍が成立せずとも今夏には満了によって退団する流れにはある。マネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は「移籍がうまくいくよう願っている。彼はとても前向きな人間で常に明るい雰囲気を作ってくれるんだ」とエール。

 現在そのファビアンの代理人は同僚だった同じメキシコ代表、カルロス・サルセドの移籍のためメキシコ入り。今は好条件をファビアン自身は待っているところであり、そのため行き先は中東、もしくは中国の可能性が指摘されている。
 


関連ニュースをもっと見る

関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索