ヴォルフスブルク、ヤングボーイズのムバブと移籍で合意


 今季限りでセバスチャン・ユング、そしてパウル・フェルハーフと、二人の右サイドバックとの契約が満了を迎えるVfLヴォルフスブルク。そのいずれともヴォルフスブルク側は延長を結ぶ意思はなく、このままいけば右サイドバックのオプションはウィリアムのみという状況になるが、そのライバルとしてスイス1部ヤングボーイズ・ベルンから、スイス代表として3試合の出場経験をもつケヴィン・ムバブが加わることになりそうだ。

 すでに先月には話し合いのためにヴォルフスブルクを訪れていたことが伝えられており、そこでインフラなどについても直接チェックした模様。母国スイスのブリックに対して、ヴォルフスブルクでマネージャーを務めるヨルグ・シュマッケ氏は「選手と我々は合意に達している」ことを明かした。つまり移籍成立に迫っているということになり、伝えられるところではヴォルフスブルクとは3年契約を締結。移籍金額についてもまだ明らかではないものの、700万ユーロになるのではないかと見られているところだ。
 
 身長184cmのムバブは4バックであればどこでもプレー可能であり、これまでヤングボーイズにて公式戦93試合に出場、5得点15アシストをマークしており、さらにスイス代表としても3試合の出場経験をもつ。
 


関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索