ヘッキング新監督、酒井高徳との寂しすぎる別れに「残念でならない」


 すでに月曜日には、母国日本へと飛び立っている酒井高徳。もはや移籍成立は時間の問題ともいえるだろう。その新天地はヴィッセル神戸、元ドイツ代表ルーカス・ポドルスキも在籍するクラブだ。

 あまりに寂しすぎる別れだ。ハンブルクでは主将も務めた元日本代表だったが、昨シーズンの最終節の時点ですでに1つの決断を心の中で下していた。デュイスブルク戦にて途中から投入された際に、勝利していたにも関わらずハンブルクのファンたちからは、同選手へのブーイングが浴びせられていたのだ。守備のオールラウンダーはスケープゴート扱いをされたと感じ、「あのブーイングにはとても傷つきました。決して理解できるものではありません」とコメント。

 一方で、今季より新たに就任したディーター・ヘッキング監督は、初日からその心の傷を感じ取っており、「非常に早い段階で、もうハンブルクではやっていくことはできないというシグナルを受けた」と説明。「短い間だったが、非常にプロフェッショナルで、オープンに取り組んできた。ゴウのことは残念でならない、私は彼をまた立ち直らせることができる、そう信じているのだが」との想いを吐露した。
 


関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索