フランクフルト、ヨヴィッチではなくドスト獲得間近


 昨季にアイントラハト・フランクフルトが誇った自慢の3トップのうち、ルカ・ヨヴィッチはレアル・マドリードへ、そしてセバスチャン・ハーラーはウェストハム・ユナイテッドへと移籍。そのため今夏にはデヤン・ヨヴェリッチをレッドスター・ベオグラードから獲得。

 更なる補強を目指しているところだったが、土曜日にフランクフルトは公式ページにて、スポルティング・リスボンよりバス・ドスト獲得間近にまで迫っていることを明らかにした。現在は詳細を詰める段階に入っているとのことで、そのためドストはブラガ戦ではメンバー外となっている。

 ドストは2012年から2016年にかけてVfLヴォフスブルクにてプレーした経験をもち、そこでブンデス1部85試合に出場、36得点をマークしていた。またスポルティングではポルトガル1部84試合に出場。76得点をマークしており、2016/17シーズンでは得点王にも輝いた。


 日曜日に行われた「強豪」ホッフェンハイム戦で、「非常に激しい」戦いを演じ、「メンタリティ」と「高いクレバーさ」をみせて、「いいチャンスを作り出し」ながら勝利を納めた、フランクフルトでマネージャーを務めるボビッチ氏は、ELプレーオフが行われる今週木曜までには、ドストを獲得したい考えを示している。

ヨヴィッチの復帰はなし、レビッチは残留の流れ

 その一方で、今夏に移籍金6000万ユーロでレアル・マドリードへと移籍した、ルカ・ヨヴィッチについてフランクフルト復帰の噂も浮上したが、このことについては「まったく関与していない」と明言。噂について一蹴しており、またアトレチコなどからの関心が伝えられ、今夏退団の噂もあったアンテ・レビッチについては、「彼を売却する予定はないよ」と語った。
 


関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索