ケルン、ジョン・コルドバが負傷離脱


 金曜日に行われたボルシア・ドルトムント戦にて、筋肉の損傷により負傷交代していたジョン・コルドバが、次節のフライブルク戦にて欠場を余儀なくされることが、クラブ側より発表がなされている。

 金曜夜の行われたホーム開幕戦にて、後半54分にコルドバは負傷を抱えており、それまでケルンは1−0とリードを奪う展開となっていたものの、最終的には1−3と終盤で立て続けに失点を喫して逆転負けしている。

 そしてそのコルドバについては、右の大腿筋裏に損傷が見られることが判明しており、今週土曜に行われ、開幕から連勝スタートを飾ったフライブルク戦では、欠場を余儀なくされることがクラブ側より発表された。

 アヒム・バイアーロルツァー監督は、「ジョンはドルトムント戦で良い前半でのプレーをみせていただけに、フライブルク戦で欠場することは非常に残念なことだよ。良い回復を願っている」と語っている。
 


関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索