先週木曜にクリアウォーターでの宿泊地にて、足首の靭帯を断裂していたことを明らかにした、アイントラハト・フランクフルトのアディ・ヒュッター監督。これによりフランクフルトは今冬の合宿にて、ジェルソン・フェルナンデス(臀部の腱断裂)に続く負傷離脱者を抱えることとなった。

しかしながらアイントラハト・フランクフルトは、日本代表MFが「来週にもすでに、練習へと復帰する可能性があります」と報告。負傷時にはヒュッター監督は補強の必要性を訴えていたが、どうやらフェルナンデスとは異なり長期離脱は避けられそうだ。


 またフランクフルトでは、守護神トラップの長期離脱の穴埋めを果たしながらも、終盤で大腿の負傷により離脱となっていたレフデリク・レノウも、まだロングスローは避けるなど、オプションとなるまでには時期尚早だが、デンマークでのリハビリを経て順調な回復を見せている。