ブンデス2部VfLボーフムは、TSGホッフェンハイムよりロベルト・ジュリを獲得したことを発表した。契約を今季いっぱいまで残していた同選手の獲得条件については、両クラブの取り決めにより特に明かされてはおらず、新たな契約期間は2023年までとなっている。

 ローゼンSDは「才能を持った選手ではあるのだが、激しい定位置争いなどからその力を遺憾無く発揮するということがままならなかった。それでも彼は常にプロフェッショナルに、前向きに取り組み続けてくれたよ」とコメント。

 昨季にジュリはブンデス2部ウニオン・ベルリンへとレンタル移籍しており、そこでブンデス1部昇格へと大きく貢献。リーグ戦29試合に出場して、4得点5アシストをマークしていた。

 ホッフェンハイムへと加入するまでは、2014年から2017年までフュルトへと在籍。そこで85試合に出場し19得点をマークする活躍をみせており、新天地では再び出場機会の確保を目指したいところだ。