ブンデス2部カールスルーアーSCは水曜、SCフライブルクよりジェローム・ゴンドルフの獲得を発表した。カールスルーエ出身の31才は、2部残留を目指して半年間レンタル。それを実現した暁には、2022年までの完全移籍で加入することになる。

 「ブンデス1部での経験、リーダーとしての経験をもった、メンタリティに優れた、良いプレイヤーだよ」と、競技部門オリヴァー・クロイツァー代表はコメント。「彼のプレースタイルや姿勢は我々のプレーの好影響をもたらしてくれることだろう」と期待感を示した。

 2005〜2007年に渡り同クラブのユースに所属していたCMFは、これまでダルムシュタット、ブレーメン、フライブルクにてブンデス1部110試合に出場。2部ではダルムシュタットにて30試合に出場しており、「故郷に戻ってこれてとても嬉しいし、残留争いの力になりたい」と、意気込みをみせた。