後半戦初戦では王者バイエルン・ミュンヘンとの一戦が控える、ヘルタ・ベルリン。しかしながら左サイドバックの主力、マルヴィン・プラッテンハルトの出場が危ぶまれているところだ。水曜午前の公開練習では同選手の姿は見られず、「風邪をこじらせているんだ。今は日々様子見だよ。」と、アシスタントを務めるアレクサンダー・ヌーリ氏は説明。

 前半戦最後の数試合においては、ヘルタ・ベルリンにて主将を務めていた元ドイツ代表が欠場という事態へと陥った場合、代役としてはマキシミリアン・ミッテルシュテートが務めることになるだろう。確かに同選手は水曜の練習で交錯するハプニングがあったものの、そのままプレーを続行した。

 また米国ツアー中に行われたフランクフルトとのテストマッチにて、膝を負傷し離脱中のアルネ・マイアーについては、ヌーリ氏によれば「最初はヒヤっとしたが、まもなくしてチーム練習へと復帰できるだろう」と説明。しかしながらバイエルン・ミュンヘン戦はまだ時期尚早。