VfLヴォウフスブルク戦を今週土曜に控え、TSGホッフェンハイムのアルフレッド・シュロイダー監督は、守護神オリヴァー・バウマンが復帰する見通しであることを明らかにした。「オリーは土曜日は再びゴールマウスの前に立つ事になるよ」同選手は半月板の手術を受けていたが、それからわずか5週間でカムバックを果たすことになる。「リハビリは順調だったし、非常に精力的かつプロフェッショナルに取り組んできた。」

 その一方でホッフェンハイムでは、フィリップ・ペントケがうまく穴埋めを見せていたが、「二人のGKを擁立する考えはない」と指揮官は強調、「彼自身も自分の役割をよく理解しているし、それを見事にまっとうしてくれた。チームに安定感をもたらし、どの試合でもうまくやってくれたよ。特にレヴァークーゼン戦でね。良い雰囲気を醸し出している。当然彼もプレーしたいだろうが、ここでの意義についてもそれと同時に考えなくてはならない」と述べた。

 さらにホッフェンハイムでは、アンドレイ・クラマリッチの復帰の可能性もあり、鼠蹊部の問題によりフライブルク戦では欠場していたクロアチア代表FWだが「水曜日にはチーム練習に復帰しており、良い感じだったよ。土曜日ではオプションになると思う。順調にいけば」とコメント。その一方で大腿を負傷しているデニス・ガイガーは欠場、足首を負傷しているサルギス・アダムヤンには疑問符がついており「別メニューで調整中だ。金曜にチーム練習に参加できれば。」と語っている。