ブラジルから伝えられたところによれば、どうやらチャールズ・アランギスとバイヤー・レヴァークーゼンは、すでに契約延長が既定路線となっているようだ。ただし今のところはまだ、レヴァークーゼン側からの正式な発言は行われてはいない。

 しかしながらアランギスの古巣ポルト・アレグレの関係者筋によると、アランギスは今夏で満了となる契約を、さらに3年間に渡り延長する用意がある模様。

 2015年よりレヴァークーゼンにてプレーするチリ代表MFは、これまでブンデス1部102試合に出場して8得点をマーク、今季は負傷などもありリーグ戦18試合に出場、1得点をマークするなど、CL出場権を争うチームの中盤の要として、kicker採点平均3をマークする活躍を見せている。