ドイツ代表がツイッターを通して、スペインの仲間たちへと応援のメッセージを投稿した。本来ならば新全試合として、この日に対戦するはずだった両者。そのキックオフの時間にドイツ代表は、ドイツ語とスペイン語で以下の言葉を送っている。

 「今晩は本来ならば、マドリードにて対戦相手としてそのピッチに立っているはず、でした。しかし今、我々はピッチの外で、共に同じ相手と戦っている。親愛なるスペインの友人たちよ。いつだって我々は君たちの側にいる!」

 当初の予定ではドイツ代表は、今夏に行われるはずだったユーロ2020の前哨戦として、イタリア代表に続き、この日にスペイン代表との伝統の一戦を続けて行う予定となっていたものの、母国のニュルベルクでのイタリア戦に続き、敵地スペインとの試合も新型コロナウィルスの影響により中止となっていた。