ダヨ・ウパメカノに対して、各方面から熱視線が注がれていることは、なにも目新しいことではない。21才のセンターバックは大きな才能をもった若手選手として注目されており、ドイツではバイエルン・ミュンヘンの名前も浮上。

 すでに移籍で合意に達しているとまで、一部メディアでは報じられたが、ただkickerが得た情報ではそれは正しいものではないようだ。むしろこのコロナ危機の前ではあまり見込まれていなかった、2021年まで残す契約延長という形で残留する可能性もでてきている模様。