来シーズンも引き続き、ヌリ・シャヒンの姿をブレーメンで目にする可能性は極めて低い。移籍後は順調なスタートを切ったベテランMFだったのだが、しかしながら既にレギュラーの座を失っており、そのなかでチームにおいては高額サラリーの選手の一人という立場にもある。

 そのためもしもシャヒンがこのまま残留していくための可能性としては、今のサラリーの半額までの減額にまで応じる覚悟が求められることになるだろう。今季のシャヒンはリーグ戦16試合に出場、3アシストをマークし、kicker採点平均は3.78にとどまっている。