世界における大型スポーツリーグのなかで、ブンデスリーガがその先陣を切りリーグ戦再開を発表したが、この決断をUEFA(欧州サッカー連盟)のアレクサンデル・チェフェリン会長も喜ばしくみているところだ。「ドイツ当局よりブンデスリーガ再開への承認が下されたことは素晴らしいニュースだ」

 そう語った同氏は、さらに「これは生活へ再び前向きさを取り戻していくために、人々にとって大きな、ポジsティブな一歩だと思う。これはひとえに、サッカー関係者と行政との間で建設的な話し合い、そして綿密な計画のよる結果だ。そしてきっとドイツが、サッカーの興奮や感動などを再び私たちへともたらしてくれる、その輝かしい模範例となってくれると確信している。成功を願っている」と、エールを送った。